ホーム > 銀未来抗菌ボトル

技術案内

毎日 あなたが水道水で6時間後に造れる 抗菌酸素水

世界で初めて開発された機能性ボトル!

イメージ 銀未来ボトルは、水道水を注いでおくだけで6時間後に抗菌酸素水に変化いたします!
その仕組みはボトル内壁にある特殊銀未来被膜の触媒効果により、水中溶存酸素が活発化(フリーラジカル効果=水中溶存酸素の活性活動)する事で酸素のパワーを持った抗菌水に変化します。

内壁の銀未来被膜は通常の使用条件の基では内水の変質がなく、永続的に抗菌機能を発揮します。また、酸素を利用した抗菌法の為、有害が持ちません。
新たに投入される有害菌も短時間で抗菌水化される為、”口移し”や”回し飲み”の弊害によるボトル内水の菌増殖から利用者の安全を守ります!

銀未来に抗菌能力試験では主に人間に有害な嫌気菌類に対し顕著な抗菌効果が表れています。
(抗菌能力試験対象菌):虫歯菌・歯周病菌・大腸菌0-157・サルモネラ菌・腸炎ビブリオ・肺炎桿菌・黄色ブドウ球菌
(日本食品分析センター試験データ)
(安全性試験:経皮及び、経口安全試験により共に高い安全データが確認されました。)
(日本食品分析センター試験データ)

口内抗菌!口臭激減!

イメージ 飲用水入水6時間後の銀未来内水で繰り返し口内うがいを日常的に行う時、個人差はありますが、使用開始10日以内に口臭激減の効果が得られるなど、従来の保温・保冷ボトルでは全く得られない使用効果が得られたと好評をいただいております。

口臭は主として歯周病の発する悪臭に起因する事が多く、歯周病と共に現代人の難敵ですが、口中に抗菌うがいで口臭サヨナラとなり、口内衛生の向上を実現できます。

200人アンケート結果!

イメージ 銀未来ボトルはモニタリングの結果等から既に便秘・軟便症状に対する改善効果が報告されております。
それはボトルが6時間後に”抗菌水”化しており、強力な抗菌効果を発揮するものと思われる点に起因しております。
ボトルの内水が抗菌能力を保持し、虫歯菌や腸内菌(善玉・悪玉バランス)の正常化がなされている事が効果の起因と考えられます。